れもんのブログ

日記やら日常やら。

継続することの難しさ

 

こんにちはれもんです。

 

 

 

 

いきなり本題ですが・・・

 

ブログ毎日更新するのって難しくないですか??

 

 

 

ブログが継続できないことの理由として、

わたしの一番の壁は「モチベーションが持続しない」ことなんですよ。

自分では、行動力もあって一度火がついたらガーッと作業するタイプだと思っているのですが、飽きっぽくてそれだけ鎮火も早いんですね。

 

 

ボッと燃えてシュッと消えるというか・・・。

 

 

 

それと最近、ある記事を読みまして。

こちらです。

fujipon.hatenablog.com

 

 

これ読んでわたし、図星だったんです。

ゆくゆくはネットビジネス一本だけで食べて行きたい。

家でお金を稼げるようになりたい。

と思っていたので、

就活はしなくていいや、ブログ更新頑張ろう。って考えていたんです。

 

何しようが自分の勝手だし、今は好きなようにやってやる、と。

 

もちろん簡単なことではないってわかっています。

それでも現実に実際、ブログやサイトだけでお金を稼いで生活している人たちがいる。

なら自分にだってできるだろう。いや、そのうち絶対に達成してみせる、という確固たる信念がありました。

 

この記事を読むまでは。

 

 

 

稼いでいる人たちのブログってとても見やすいし、記事も読みやすいし、

こんな雑記などではなく訪問する人が求めている情報をわかりやすく提示している。

 

サイトデザインを編集したり文章構成を考えたり言葉を選んだり。

その作業量もハンパなものではないはずです。

 

 

それを、早々にモチベが続かなくてこんな独り言のような幼稚な記事しか書けないわたしにできるのだろうか?

 

この記事を読んで疑問に思い、考え始めたら止まらなくなってますますモチベが下がっている状態です。

 

 

今はまだ広告がもらえていないから、広告が貼れるようになったらしっかり記事を書こう。

と思って現状、日記も雑な内容しか書けていなくて、いざ広告をもらってしっかりした記事が書けるでしょうか。

 

 

もし何か商品の紹介記事を書いたとしても、まったく成果がでなかったら。

当然また壁にぶつかり、そこでまた自分に疑問を投げかけるのです。

本当にわたしにできることなのか?と。

 

 

アフィリエイトって先が見えないし、収入が出るまでとても長い時間を要すると言われています。

しかもその間、地道に継続することが大事だ、と。

 

 

いつか成果が出ると信じて、初心者でへたくそなりに記事を更新し続けるか。

わたしには無理だと諦めてきっぱり辞めるか。

 

でもきっと、頑張ったぶんだけ結果は出るし、評価されると信じています。

 

 

すぐに飽きっぽくなって怠けてしまうわたしですが、少なくとも、そうなったらすぐに諦めてやめてしまう昔のわたしとはオサラバしたつもりですので、「継続する」ということを出来るようになる為にもブログはまた更新したいと思います。

 

 

 

 それと・・・・。

 

言い訳にはなってしまうのですがもうひとつブログを毎日更新できない理由として、どうしても時間がなくなってしまうということですね・・・^^;

 

おととい学校帰り急遽友人が泊まりに来ることになりまして、当然ひとりでパソコンいじってブログを書く時間などなくなりましたのでまた2日と、間が空いてしまいました。

みなさんも急に予定が入ったり、予定がズレて思ったより時間がなくなってしまったり、ということあると思うのですが、毎日記事を更新している人たちってそのあたりの調整とかどうしているんだろう・・・といつも疑問に思っています。

 

 

 今日も記事を書き始めるまでまったくモチベが上がらずにしぶしぶ書き始めたのですが、書き始めてしまえば楽しいし、伝えたいことや言いたいことが次々に浮かんできます。

 

なんかお風呂みたいですね。

お風呂って入るまでが結構メンドくさかったりしませんか?

入ってしまえば気持ちがいいしサッパリするし、お風呂が嫌いっていう人はあまりいないと思います。

 

 

やれば楽しいんだし、きっと結果が追いついてくる!

と信じて、これからも記事を書いていこうと思います。

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございました!

よろしければ感想や意見のコメントを送ってくださるととても嬉しいです。

今は無きモチベですが、そういった変化やアクションはわたしのモチベアップに繋がります!

 

自分で自分に言い聞かせてるような記事になってしまいましたが、自分でも気持ちの整理がついてスッキリしました。

戯言にお付き合いくださりありがとうございました。

 

それではまた!